YOTABLOGUE

CURRENT MOON
...and the music keep on playing on and on !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008/03/09 Sun | - | - -
ダウンロード違法化は絶対阻止


ニコ動のアカウント持ってる人は是非見てほしい。
30分くらいあるけど我慢して。
よく分からないところは反芻して。
中盤の三章あたりは理論武装薄いよ!なにやってんの?!って感じもあるけど、ラストのあたりは要注目。

あとこんなサイトもあるので、合わせてよろしく。
任意団体日本違法サイト協会


追記。
YouTubeにも上がってました。


2008/02/13 Wed 19:32 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(0)
おいコラ、人が苦労して描いたエントリを勝手に消すなよ!
確か12月下旬に書いたはずのエントリが気づいたらなくなってた。
自分で消した記憶はないので、削除されたんだろう。
ムカついたので再投稿。

「ダウンロード違法化」なぜ必要 文化庁の配付資料全文

しかし、この資料に出てくる『ダウンロード被害』って何のこと?
加害となるのはあくまでアップロードであってダウンロードではない。
なぜなら、アップロードなくしてダウンロードはありえないから。
それなのに違法なアップロードだけでなく、ダウンロードも違法にすると言っている。
例えて言えば、違法営業している風俗店に、違法と知らずに入店したら、逮捕されてしまうようなもの。
取り締まる順番が逆でしょ?
違法アップロードを締め出すのが先でしょ?

そして何をもって違法とするのか?
ウ:適法マークの推進
適法マークがなかったら全部違法ですか?
適法マークってサイトに貼り付けるんですか?
適法マークを見たら安心してダウンロードしろってか?
んなもん、いくらでも偽造できるだろ。
こんなクソみたいなアイデアをよくも公表できるな文化庁は。

リンク先によると、
法改正された場合の周知徹底や、適法サイトを示すマークを普及させるなど「権利者も政府も汗をかいて努力」(川瀬室長)して、合法サイトを簡単に見分けることができる仕組み作りをするという。また、罰則規定がないため「利用者が著しく不安定な立場に置かれることはない」としている。
って、汗はかかなくていいから頭使え!
もうね、アホかと。

あと、
なお、法執行については、仮に民事訴訟を提起する場合においても、立証責任は権利者側にあるので、実務上は権利者は利用者に警告をした上で法的措置を行うので、利用者が著しく不安定な立場に置かれ保護に欠けることにはならはない(法律においても、例えば違法複製物等からの録音録画であることを知って行う場合に限定することとしている)と考えられるがどうか。
考えられる、じゃなくて、それは最低限の利用者保護として、法運営者側がやらなきゃいけないことなの。
じゃなかったら、ネットなんてつぶれるよ。
またテレビや紙媒体の時代に戻りますってか?

インターネットはもはや一大文化であるのに、日本国家の文化庁様はそれを踏みにじるおつもりですか?
あんたらの存在意義って、文化を保護し、育てることでしょ?
こんな狂った法改正を、しかも慌てふためきながらやる意味が全くワカラン。
リンク先に、
さらに「将来、全ての録音・録画物にDRMが付く時代になれば、コンテンツの私的使用についても権利者とユーザーが個別に使用契約を結ぶことにり、私的使用について一律に定めた30条自体が不要になる可能性もある」という前提に立った上で、「(権利者と契約を結んでいない状態でコンテンツを複製できる)違法サイトからのダウンロードを、30条の適用から除外する」という方向性は自然――という見方も示した。
とあるけど、だったら今法改正をする必然性なんてないよね?

著作権のうち、著作者人格権はともかく、著作財産権については登録制にすべきだと思う。
著作物に知的財産としての価値を認めるのなら。
著作者が権利化して保護を求めるのならキッチリ保護する。
そうでないものについてはパブリックドメインとして、文化の発展を促す。
これが一番自然な流れだと思うけど、こんな法体系は前例がないから、阿呆で頭のお固い文化庁様に期待するのはムリなのかね。
でもそれをやらないのは文化庁の怠慢だと思うし、こんな文化庁ならいらないよ。
特許庁にでも任せたほうがマシだ。
2008/01/30 Wed 11:57 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(0)
明日締切!『私的録音録画小委員会中間整理に関する意見募集』
何も言わずに、このサイト↓に飛んでください!
MIAUパブコメジェネレータ beta

そして言われたとおりに回答して、出てきた内容を
keiyaku(アットマーク)bunka.go.jp
宛てにメールしてください!
締切は明日まで。
是非、お願いします!

詳しくは↓コチラ。
MIAU
クロサカタツヤ「パブコメのすすめ
2007/11/14 Wed 21:31 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(0)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その29 〜ダービー予想〜
時期はずれなダービーがあるらしい(趣味の問題2さん←The Trembling of a Leafさん)とのことなので、予想してみる。
過去を振り返ってもダービーはあんまり的中率よろしくないので、あてにはならないと思うが。

(競馬カテゴリのはずなのに、どうしても「著作権法改正」になってしまうとです・・・ (c)ヒロシ)
続きを読む
2004/11/01 Mon 17:30 | 著作権法改正 | comments(4) trackbacks(0)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その28 〜パブコメって意味ないらしいっすよ!〜
逆輸入CD、輸入禁止期間は4年に決定(ITmedia ライフスタイル)

結局、最初の要望通りでした。アホくさ。

OTO-NETAさんがテキストに起こしてくれたものを見てみると・・・
【算出根拠】
 関係権利者の利益の確保と、関係事業者や消費者の利益の調和を図ることを基本としつつ、音楽レコードの国内市場における(1)「流通期間」と(2)「相当の売り上げが期待される期間」という2つの要素から算出した。
注:「期間」の他にも多々要件があるところであり、期間内であるからといってすべての音楽レコードの輸入が還流防止措置の対象となるわけではない。
「算出」って言うくらいだから、きっと綿密なデータ収集の元、詳細に解析して割り出した数字なのかと思いきや・・・

(1)流通期間について
 音楽レコードの流通期間については、一般的に7年程度と言われており、このため、法律上、還流防止措置の対象期間の上限も7年とされている。(なお、実際には7年前の音楽レコードでも7割程度は廃盤や生産中止とはならずに市場に残っているという調査結果もある。)
7年「程度」、7割「程度」っていう表現が引っかかるところですが・・・ちゃんと調べたんだよね?
小学生の宿題じゃないんだから。
(2)相当の売り上げが期待される期間について
 実際にアルバムがアジア地域でライセンスされているようなアーティストのヒットタイトルについてみると、そのトータルの売り上げ枚数の大部分を発売から1年半程度(初動機関)で売り上げている。この点は、パブリックコメントでも多く指摘されているところであり、期間を政令で定めるに当たり考慮すべき事実の一つである。
 しかしながら、個別のタイトルに係るその後の売上げ推移をみると、当該初動期間を超えて数年経ってからもなお、週に数千枚、あるいは年に何万枚という売上げを上げる例が見受けられるなど、その推移は多様である。
 よって、1.5年で直ちに対象から除外することは適当ではない。
まぁ、この文言自体は間違ってないかもしれない。ただしその「例」が、
(具体例:文化庁よりサウンドスキャンへの委託調査による)
・ これまでに約340万枚売り上げている音楽レコードの例
 → 発売から4年目に約10万枚、5年目に約8万枚、6年目に約18万枚を売り上げている例
・ これまでに約50万枚売り上げている音楽レコードの例
 → 発売から4年目・5年目には数千枚程度だったものが、6年目に約9万枚を売り上げている例
注:「週に何千枚、年に何万枚」が相当程度の売上げであることは、今回実態分析の対象とした約6万のタイトル中、トータルの売上枚数でも1千万枚に満たないものが約40%を占めることからも分かる。
こんなチャンピオンデータを出されたところで、ハイそうですかとはいかねーだろ。
未だ「依田イズム」(ビートルズは40年経っても売れてるから、50年でも良いくらいだと曰った人の考え方)は健在でした。

万来堂日記さんが、
「お年寄りに運動をしてもらおうと思うんですが、約6万人のお年寄りを調査したところ
具体例
・83歳男性、100メートルを14秒で走破する。
・76歳女性、フルマラソンを4時間で走破する。
という方もおり、お年寄りといっても一概に体力が無いというわけではないので、5000メートルを日本に住むお年寄り全員に走ってもらうことにします。
注:100メートル14秒、フルマラソン5時間がいかに優れた記録であるかというのは、調査した6万人中、約40%の方がこの記録に遠く及ばなかった事からも明らかです」
と、分かりやすい喩えをしていますが、普通はお年寄りの体力に合わせて決めることでしょうね。
いきなり5000も走らせたら死んじゃうよ。

【結論】
 関係当事者間における利益のバランスを図る観点から、初動期間の「1.5年」と、制度上の上限である「7年」の中間値である「4年」をもって、還流防止措置の対象となる期間を設定することとする。
ということで、コレを決めた年寄り連中には、早速5000メートル走破してもらいましょう。

しかし、なぜ「4年」で固定なのか?
とりあえず3ヶ月くらいにしておいて、売れてるものだけ延長するほうが、よっぽど「関係当事者間における利益のバランス」が取れていると思うけど。
つーか「中間値である4年をもって」が「算出」??
小学1年の算数以下じゃん。ちゃんと(7+1.5)÷2=4.25年って計算しないと。

あと「期間内であるからといってすべての音楽レコードの輸入が還流防止措置の対象となるわけではない」って上の注で言ってるけど、どういうこと?
逃げ道だよね、明らかに。

個人的には、この問題、もうどうでも良いです。
たぶん音楽をCDに依存する割合は、これからグッと減ると思うから。
でも、いろんな音楽が手軽に楽しめる環境を阻害するのは、特に若い世代や子供達の音楽に対する創造力を奪うことになる。
にもかかわらず、消費者の声には耳もくれず、目先の利益を守るために、こんな法案を通そうとしている。
その態度が気に入らない。
プロ野球のこともそうだが、客商売で客をないがしろにすればどうなるか。
是非、思い知らせてやりたい。
2004/10/30 Sat 01:28 | 著作権法改正 | comments(2) trackbacks(0)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その27 〜パブコメ募集中ですよ!〜
著作権法施行令の改正に関するパブリックコメント(意見提出手続)の実施について(文部科学省)

9月30日から、文科省というか文化庁で、上記の意見募集が行われています。
締め切りは10月13日。
2週間しかない。もうちょっと長いことできないものですかね。
まぁ施行まで時間がないというのもあるけど。

要点は、CD(レコードも含むのか?)の輸入販売を国内盤の発売日から「4年間」ストップしますよ、の「4年」という長さが妥当かどうか

ってことで、メール出してみました。
明日から忙しいので、今日しかなかった・・・

このエントリーを見た方も、よろしければ出してみて下さい。
個人的には、1年も4年も100年も大差ないと思う。長すぎ。
依田さん(元レコ協会長)は、50年にしたかった、とかナメたことを言ってましたが、今となっては良い思い出です。

参考リンク
著作権法改正要望のパブリックコメントを提出する(パブコメ提出のためのポータルサイト)
Import_CD_Public_Comment - copyright(Wiki)
続きを読む
2004/10/05 Tue 00:41 | 著作権法改正 | comments(2) trackbacks(0)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その26 〜文化庁へ23箇条の要望〜
Free Music Watchdogにて、文化庁への要望事項が出された。

各所でされてきたこれまでの議論が集約された内容で、法律運用のためのガイドラインに盛りこんで欲しい、計23項目。(28って書いてましたので、訂正しました。28になってたと思うんだけど、おかしいなぁ・・・@8/31 13: 12)
23って結構な数だけど、法律の内容の曖昧さを考えるとどうしてもこうなってしまうし、もしかしたらこれでも不十分かもしれない。
今考えられる最低限のものでも23になってしまう。
さらに、これらが全てガイドラインに取り入れられる保証もないし。

文化庁がどう対応するのか、Watch Dog。

あと、同サイトにてTシャツの販売も始まってます。
前面にWatch Dogロゴがプリント。送料・代引き手数料別で1800円。
2004/08/27 Fri 14:33 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(1)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その25 〜music-watchdog's trackback center started !!〜
music-watchdogの為のトラックバックセンター始めます!

トラックバックで blog上の情報を集約する試み。
こういうトラックバックの使い方もあるのね。スマート。

ウチはこの問題に関しては、積極的に情報を拾ってくるより他のblogに乗っかる形が多いので、トラックバック打つ機会は少ないかもしれないけど、アンテナとして利用したら便利かも。
2004/08/16 Mon 00:29 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(0)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その24 〜Free Music Watchdog Started !!〜
「私たち音楽関係者は、著作権法改定による輸入CD規制に反対します」、のサイトは長らく更新が止まってたけど、いよいよリニューアルして再スタート。

Free Music Watchdog : 音楽メディア関係者有志による情報中継所
Free Music Watchdog

略してFMW。プロレスじゃないってば。
これで火が消えることもないでしょう。ワタクシの中の火も。

カラフルロゴキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
2004/08/10 Tue 03:36 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(3)
著作権法改正で輸入盤がなくなる?! その23 〜No CCCD Tシャツ予約受付中!〜
Music Liberation Frontさんで、「THROW AWAY CCCDs!」Tシャツの注文を受け付けています。締め切りは7/13。(d.e.plusさん経由)

ワタクシは「インディペンデンスレッドのM」にしました。
アンチCCCDなら、買わずにはいられないでしょ?
2004/07/08 Thu 01:25 | 著作権法改正 | comments(0) trackbacks(0)
1/4 >>
About YOTABLOGUE
  • 音楽、通販、スポーツ、サイエンス、その他Web上のネタについて、気の向くままに。
  • DJ Mix置き場はコチラ

Search YOTABLOGUE
Last.fm
Categories
Recent Entries
YOTABLOGUE Recommends
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Links to Net Labels
Profile
Misc