YOTABLOGUE

CURRENT MOON
...and the music keep on playing on and on !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008/03/09 Sun | - | - -
鈴木貴久コーチ 急逝
かつて、いてまえ打線不動の5番打者として活躍した、鈴木貴久2軍打撃コーチが40歳の若さで亡くなりました(MSN-Mainichi INTERACTIVE)。

当時の近鉄は、ラルフ・ブライアントが全盛で打線を引っ張っていて、鈴木コーチら脇を固める日本人打者も粒揃いで、魅力溢れる打線でした。
選手としての鈴木コーチは、派手さはなかったものの、ここぞという時のホームランでチームを救う勝負強さがありました。
また強肩&堅実な守備で、5番ライトとして不動の地位を築き上げました。
憲史や鷹野あたりには、こういう選手になって欲しいです。

ご冥福をお祈り申し上げます。
2004/05/17 Mon 22:57 | いてまえ(ご臨終) | comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008/03/09 Sun 22:57 | - | - -
あまりにも早く逝かれてしまったのでビックリしてます。1988.10.19の時に6番で出場していたことをよく覚えています。全く派手ではないですけど、犠牲フライなどしっかり自分の仕事をこなす方でした。

 ご冥福をお祈りします。
2004/05/17 Mon 23:42 | rosianin

rosianinさん、こんばんは。

各所で言われてますが、伝説の10・19ダブルヘッダー1試合目、9回表の勝ち越しのシーン。
ヒットで出塁した2塁ランナーの鈴木選手が文字通り転がり込むようにしてホームに滑り込み、中西ヘッドと抱き合って・・・。
センター前タイムリーを打ったのが、代打梨田、でしたね。

2試合目が引き分けで優勝できなかったわけですが、あれ以来、いてまえの「とりこ」です。
2004/05/18 Tue 00:24 | yotablogue










http://yotablogue.jugem.cc/trackback/165
About YOTABLOGUE
  • 音楽、通販、スポーツ、サイエンス、その他Web上のネタについて、気の向くままに。
  • DJ Mix置き場はコチラ

Search YOTABLOGUE
Last.fm
Categories
Recent Entries
YOTABLOGUE Recommends
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Links to Net Labels
Profile
Misc