YOTABLOGUE

CURRENT MOON
...and the music keep on playing on and on !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008/03/09 Sun | - | - -
ヒトクローン胚、難病研究などに限り容認
MSN-Mainichi INTERACTIVEより。
人間の受精卵(ヒト胚(はい))やヒトクローン胚を使う研究のあり方を検討していた総合科学技術会議生命倫理専門調査会(薬師寺泰蔵会長、21人)は23日、ヒトクローン胚作りを難病研究などに限って認めることを最終報告書に盛り込む方針を決めた。

とうとう禁断の領域へ。きっちり線引きができるのか?
確かに再生医療や臓器移植などに応用できれば、難病克服に大きな貢献をすると思うけども・・・
参考リンク
進化研究と社会:ES細胞、幹細胞、万能細胞(ニュー・スフィア!)
クローン技術・再生医療(2002年度早稲田大学法学部水島ゼミ(憲法)前期)

ますます人の寿命は延びそうだ。
今の世の中の「歪み」は、人が死ににくくなったことも一因じゃないかと思ってる。
こんな事を言うと不謹慎だが、年寄りが元気すぎる世の中も問題だと思う。
おかげで若いヤツら全然元気なくなっちゃってるし(including自分)。
年金問題なんか見てても、そう思った。
で、世の中の舵取りを年寄りに任せっきりなのも問題だな、と。
2004/06/23 Wed 21:19 | 科学 | comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
2008/03/09 Sun 21:19 | - | - -









http://yotablogue.jugem.cc/trackback/195
難病研究などに限りヒトクローン胚解禁
ヒトクローン胚:難病研究などに限り容認 総合科技会議 [MSN-Mainichi INTERACTIVE] >人間の受精卵(ヒト胚(はい))やヒトクローン胚を使う研究のあり方を検討していた総合科学技術会議生命倫理専門調査会(薬師寺泰蔵会長、21人)は23日、ヒトクローン胚作り
2004/06/23 Wed, 23:27 | [[ Realm of Alzen ]]
About YOTABLOGUE
  • 音楽、通販、スポーツ、サイエンス、その他Web上のネタについて、気の向くままに。
  • DJ Mix置き場はコチラ

Search YOTABLOGUE
Last.fm
Categories
Recent Entries
YOTABLOGUE Recommends
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Links to Net Labels
Profile
Misc