YOTABLOGUE

CURRENT MOON
...and the music keep on playing on and on !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008/03/09 Sun | - | - -
Eddie Fowlkes 「Welcome to My World」
V.A. 「Total 7」
Paul Mac 「Defined by Association」
Eddie Fowlkes「Welcome to My World」V.A. 「Total 7」Paul Mac「Defined by Association」

@TOWER.JPにて購入。

Eddieのアルバムは、デトロイトオタクとしては買わざるを得なかった。
でもどうせEddieだし地味なんじゃないかなぁとあまり期待していなかったけど、実際に聴いてみたら、古き良きデトロイトの香りを残していてなかなかの良作だと思う。
でもデトロイトテクノに興味がない人にとっては、(´_ゝ`)フーンって感じなんだろうな。
ただ1点だけ、10曲目の「Track Ten」という曲が、昔Tresorから出していた3MB feat. Eddie 'Flashin' Fowlkes「Illuminism (Sun Electric Edit)」と全く同じ曲に聴こえるんだが、気のせいか?
コレって単なる焼き増しじゃねーの?

で、今回も@TOWER.JPで送料無料にするために、何か他のCDも一緒に買おうということで選んだのが、Kompactのコンピレーション「Total 7」とPaul Macのアルバム「Defined by Association」。
共に去年のリリース。

Total 7のほうは、2006年のKompactをきっちりと詰め込んだ内容で、全く無駄がなく、ハズレもない。
2枚組24曲でこの値段だったら、かなりのお得感がある。
ど真ん中なテクノを聴きたい人にはオススメ。

Paul Macのこのアルバムは、去年の暮れくらいにCiscoのサイトで試聴して良いなと思ったんだけど、Ciscoでは品切れになっていて買えず、タワレコのほうを見たら買えそうだったので、この機会に買ってみた。
内容は、ノリの良いトライバル、デトロイト調のテクノから、キックのないアンビエント調な曲まであって、多彩かつハズレなし。
Paul Macというと、最近のEPでのリリースなどではトライバルなハードテクノを量産しているけど、実際はもっと器用な人で、いろんな曲が作れるんじゃないかと思う。
いろんな音楽の影響を受けて、それを自分流にアウトプットしている感じで、こういう音楽性は個人的には好き。
なのに、日本では今イチ評価が低い気がする。
ミクシィのコミュのメンバー数も、少ないし。
WIRE03の時も、Jay Denhamのドタキャンの代わりに急遽ブッキングされて、さいたまアリーナのセカンドフロアを沸かせた実績もあるのに。
一定のポリシーを持って曲を作る人のほうが、分かりやすいし評価されやすいのかもしれないけど。
こういうのを器用貧乏と言うんだろうか。
2007/03/06 Tue 17:25 | 音楽 | comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
2008/03/09 Sun 17:25 | - | - -









http://yotablogue.jugem.cc/trackback/514
About YOTABLOGUE
  • 音楽、通販、スポーツ、サイエンス、その他Web上のネタについて、気の向くままに。
  • DJ Mix置き場はコチラ

Search YOTABLOGUE
Last.fm
Categories
Recent Entries
YOTABLOGUE Recommends
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Links to Net Labels
Profile
Misc